Services

海外ビジネスをもっと身近に。

3カ国語ホームページ作成

スマホ対応のテンプレートにてデザインや文章は既存日本語ページ参考にさせて頂き、低コストにて構築いたします。

メールコンタクト代行

お客様からの予約やお問合せが来ても安心。マイコンシェルジュがすべて対応致します。

集客支援マネジメント

ホームページの更新とアクセス分析・ソーシャルサイトや海外情報サイト等を活用した集客・売上支援をマネジメント

事前決済ドタキャン防止

Paypal・クレジット決済システムを利用した事前決済システム。ドタキャンを防止できスムーズな精算を可能にします。
      

海外販売システム

物販システムとして、EMSを利用した店舗受取・宿泊先への配送・空港への配送・海外配送」を可能にできます。

印刷物の多言語化

お店のメニューを翻訳して分かり易いデザインに変えたいなど、デザインから翻訳まで一貫して制作致します。

外国人雇用サポート

外国人観光客が増えてきたので対応のための外国人スタッフを雇いたい。外国人を雇用・更新手続きのサポート。

海外進出サポート

インバウンド対応(外国人観光客対応)だけでなく、アウトバンド(海外進出)に対してのサポート致します。
    

3カ国語ホームページ作成

3カ国語ホームページ作成
制作に日本語ページは含まない

弊社は外国語ページのみを別途で制作し、日本語ページはリンクを作り、お持ちの既存日本語ページへ推移させます。

ページ追加可能

テンプレート外のページが必要な場合は、別途費用が必要になります。お気軽にお問い合わせください。

オリジナルレイアウト可能

デザインテンプレートを使用せずにオリジナルレイアウトにてホームページをご希望の方は別途お見積となります。

3ヶ国以上の言語に対応

3ヶ国以上の言語に対応したい場合は、別途お見積が必要です。(フランス語、ミャンマー語、ポーランド語にも対応)

3ヶ国語分のページが必要なのになぜ低コストなの?

普通に考えて、ホームページ自体をこの価格で作るという自体、破格です。多言語化となるともっと費用が必要になることは誰が考えてもその通りです。しかし多言語化して外国人対応したくても導入コストが高すぎて断念する人が多いかと思います。外国人対応をチャレンジしたいが不安もある。そこに大きなコストもかかるとなるとチャレンジしにくいと思います。しかし我々はその気持ちをもって現状打破をしたい方を応援したく、スタートする一歩を作りたいと思っております。

なぜ、自社サイトに外国語対応が必要なのか?

世界にはトリップアドバイザーのような世界規模で有名なソーシャルサイトが存在し、その口コミや基本情報をみて店舗などの発見をします。ただ、そのサイトでの情報量には限界があるため、ほとんどの場合、そのソーシャルサイト経由でオフィシャルサイトを見に来る人が多数います。その際に、日本語しかなければ読めないので、せっかく見に来てくれても内容が理解できず予約やお問合せ、来店をあきらめてしまう外国人はとても多いです。ですので、自社サイトの多言語化は必須になってきます。

ソーシャルサイトや国内で多言語対応しているポータルサイトに掲載するだけで十分なのでは?

日本でも多言語対応した様々なポータルタイトが作られています。しかし、貴方が海外へ行く際に、その地域・国に限定したポータルサイトのみをフル活用してお店を選ぶでしょうか? トリップアドバイザーなどの世界的に使用されているサイトやアプリであれば標準的に使用されますが、各国ごとのサービスサイトやアプリをスマホにインストールしてお店を検索する人はまだまだ少ないように思えます。 ですが、今後こういった多言語化された国内発サイトやアプリを使用する外国人も増えてくるとは思うので、掲載していくことは重要にはなってきます。しかし、オフィシャルサイトの方がユーザーからすると一番の信用ページになりますので、オフィシャルサイトの多言語化は必要であると考えます。

Google翻訳などの自動翻訳サービスを利用してページを作ればよいのでは?

例えば自動翻訳サービスで外国語を日本語に翻訳してみてください。100%の文法やニュアンスで翻訳されていますでしょうか?文保間違いの意味不明な翻訳になるケースが多いと思います。何となくの意味は伝わるかもしれませんが、ホームページ内の文章が文法もニュアンスが整っていないと、せっかく翻訳して頑張っても返って不信感を抱かれてしまいます。自動翻訳の制度も上がってきていますが、まだまだフル活用できるレベルではなく、「おいしい」1つをとっても「Yummy, Delicious, Excellent」など様々な言い回しがあります。 やはり伝えるためには、内容を理解した人がネイティブ翻訳する事が一番の信用になります。各国でも言い回しや表現の仕方が違うので人の手での翻訳は必須になると思います。

なぜ日本語ページはつくらないの?

製作段階では日本語にて構築して翻訳をして、完成した際に日本語を消去して、お持ちである日本語オフィシャルサイトへリンクを行います。弊社制作ページに日本語ページを作ると、日本語ページが2つになってしまい、日本の観覧者にはややこしく映るかと思われるためです。また、日本語をメインとして多言語がサブとなると、多言語におけるSEO対策に悪影響がでます。あくまでも多言語をメインとして構築し、SEOも多言語を優先させる必要があるからです。
     
 

コンタクト代行・集客支援

   
コンタクト代行
      

■外国人からの予約・お問合せの対応

お問合せ・ご予約メールは、マイコンシェルジュが確認・翻訳・通訳してお知らせします。
  • ① お問合せ・ご予約メールはマイコンシェルジュで確認し、和訳して御社へ連絡します。
  • ② 日本語でマイコンシェルジュに返信ください。
  • ③ 翻訳してお客様へ返信。その対応を繰り返し行います。

せっかく多言語ページを作っても、お問合せや予約対応等ができないから外国人対応をあきらめるという企業や店舗はたくさんあると思います。しかしその心配はありません。予め、事前に対応ができれば、物販の場合は事前に商品を取り置きする事も可能ですし、飲食の場合は、人数、コースなどが事前にわかれば、来店された時に慌てる必要がありません。現地で相手の言葉で対応できないもどかしさはあるかもしれませんが、相手の目的を事前に対応できる形にしておけば、要望と目的に応えてあげることがクリアできるので、外国人対応における大きな一歩を踏み出せます。

■集客支援・企画マネジメント

月1度、打合せをさせて頂きアクセス分析結果から文章のアレンジ、取材記事やトピックスへの記事の翻訳公開など、随時ホームページをアレンジしていきます。

この月額の費用の中には、ドメイン・サーバー保守、ページの記事更新に加え、各国検索サイト登録やトリップアドバイザーやFacebook、インスタグラム等のソーシャルサイトを使用したPR戦略、認知度向上や口コミの増加企画、海外情報マーケティングなど、集客・売上向上につながる企画提案・マネジメントを行います。口コミ増加対策として、提携する日本語学校の学生達の協力を得たり、My Concierge JAPAN外国人メンバーの外国人からの観点を活かした提案が可能です。

ホームページのみの制作

ホームページ制作のみをご希望される場合は、別途お見積となります。また、最低契約期間を6ヶ月間定めさせて頂いており、半年ごとの自動更新となります。

解約に関して

本サービスを6ヶ月以内に解約された場合は、契約期間残月分の費用のお支払いが必要になります。

データやドメインに関して

本サービスを6ヶ月以内に解約された場合、制作したホームページデータやドメインはすべて削除されます。

移管作業に関して

6ヶ月以上継続頂いた後にご解約の場合は、ドメイン及びページデータ移管作業として移管費用(5~10万)が必要になります。

サービスを取り入れても外国語ができるスタッフがおらず、いざ外国人が来た時に対応が不安です。

確かに不安だと思いますが、それは相手にとっても同じことです。相手も日本語が喋れないためコミュニケーションに対しての若干の不安があると思います。しかし、お店に来るお客さんは弊社が予約や決済、お問合せなどが既に完了している方であるため、一から対応するわけでは無い状態になっています。大切なポイントを既にクリアしている状態ですので、日本語しかできなくても堂々とふるまってみてください。お互いに何と分かり合おうとすればコミュニケーションは少しでもできるかと思います。仮に外国人のお客様が増えてくれば現場のスタッフに外国人を雇うなど希望が広がってきます。

3万円は高いのか?安いのか?

外国人対応のために、外国人スタッフを1人雇うとした場合、アルバイトでも15~20万円は必要になるかと思います。その方が、3ヶ国語が喋れて営業時間内に接客やメール・電話のチェック対応、ホームページの更新や海外マーケティングなど全てできるのであればそのほうが良いのかもしれませんが、1人では現場もやりながらではとても無理だと思います。それを2,3人となるとコストもかかります。そう考えた場合、3ヶ国語対応+ホームページを使った海外アプローチが月額3万円でできるという事は、たとえ事業のスタートとして捉えても、とても安価であると考えます。

お問合せが1件もない場合でも月額費用は必要ですか?

必要になります。この費用内には、ドメイン、SSL(情報暗号化)、サーバー、ホームページの記事更新をはじめ、「どうすれば外国人に見てもらえるページになるか?」を日々企画してマーケティング、口コミ増加方法、海外サイトへのアプローチや登録、アクセス解析と随時ページの見直し等を行う費用が含まれています。またそれを英語、韓国語、中国語圏にて行うので、これだけの内容を専門的な会社に頼んでもかなり割安な費用であると思います。

売上向上のためのマネジメントとは具体的にどんなことですか?

海外に関しては、日本のようにホームページを作ってgoogleやヤフーに登録し、名刺やカタログを作って告知・・というわけにはいきません。各国にはそれぞれ使用されている検索エンジンがあり、それへの登録も必要です。また、日本に食べログやぐるなびがあるように、海外にもその国ごとに同じようなポータル・ソーシャルサイトが存在します。その中には日本店舗も紹介されているケースもあります。また日本の事が好きな人たちが集まり情報交換するサイトや日本の事をブログに各ブロガー、日本を紹介するサイトや旅行・雑誌社など「海外から日本の情報を得ることの出来るサイト」などが存在します。そのサイトを調べ適正なアプローチ方法を考えたり、時には提携先の日本語学校の生徒と一緒になり口コミを広げる方法などを企画します。何よりもMy Concierge JAPANの外国人チームの人脈などを活用して企画を立てていきます。

どれくらいで結果がでますか?

業種やジャンルにより異なります。日本も一緒ですが、ただホームページを作っても見てもらえない・売り上げも立ちません。PRしたり広告したりすることがより早く結果につながります。日本はネットで検索すれば様々な情報やサービス、ヒントが日本語で沢山出てきますが、右も左もわからない海外へのアプローチは、多言語で検索する必要や情報収集するしか方法がないので日本よりも時間がかかるかと思います。 多言語ホームページを公開して1ヶ月後にアクセス情報を確認し、海外からのアクセスがあるかどうかなどをチェックします。2,3か月の間に改善と基盤を構築していきます。現状では、企画を実行して3、4ヶ月目くらいからお問合せや予約が入り始める傾向にあります。 ただ1つ言えるのは、日本のホームページの多言語化が圧倒的に少ないので、今作っておいた方がチャンスになることは間違いありません。

事前決済システム【ドタキャン防止】・海外販売システム

事前決済・海外販売

■ドタキャン防止に対応できる事前決済

飲食店やサービスへの予約、物販店の事前予約購入対応などにPaypalとクレジット決済システムを利用した事前決済システムをご提供できます。正式な予約や注文を完了する方法として、事前決済を行えば、予約者や購入者による、「予約におけるドタキャンの防止」「商品事前購入予約の確立」が可能になります。事前に決済が完了していれば、不要な仕入れ、予約品のキャンセルなどのトラブルを回避できます。そして、精算時の接客対応などを簡素化することも可能です。

■海外への物販の確立

外国人へ対する物販システムとして、EMSを利用した「店舗受取」「宿泊先への配送」「空港への配送」「海外配送」を可能にできます。制作サイトの中に外国人向けECシステムを構築でき、自動送料計算が可能なので「外国人への物販」が確立できます。

◎初期費用について

初期費用は必要ありません。決済金額(売上)の15%の手数料のみでご利用頂けます。内訳 : (10%弊社手数料+5%クレジット手数料・振込諸経費等)

◎ランニングコストについて

ランニングコストはありません。決済金額(売上)の15%の手数料のみでご利用頂けます。

◎商品配送について

本サービスは、配送業務を代行するものではありません。商品発送は御社からとなります。

◎お支払いに関して

売上に対する弊社から御社へのお支払いは、月末〆翌月末払,または、10日,20日,月末日の3回/月 支払のいずれかになります。

■月額費用に含まれる予約・お問合せ基本対応件数以上の対応方法

月額費用の中に含まれる予約・お問合せ対応件数は基本件数5件までと定めておりますが、それ以上の件数に対応は以下の通りとなります。

  • 質疑応答や案内・クレーム等、決済事項が発生しない内容のメール対応で多種多量を対応する場合 1000円〜/ 1件
  • お問合せ内容に専門的な翻訳や通訳が必要とされ、金額や決済の決定に関する事項及び物販や契約に結びつく事項の場合 例)取引額の10% or 月額費用の見直し
  • 業種・職種などにより、お問合せの内容や数も変わると思いますので状況に応じてのご相談により金額を決定させて頂いております。

予約やお問合せ対応は行ってほしいが、事前決済システムは使わなくてもよいですか?

事前決済システムのご利用は自由ですので、使用しなくても問題はありません。しかし、ご予約や物販、サービス販売を行われる場合は、導入をお勧めいたします。以前、事前決済システムを使用されるずに予約対応を行っていた店舗がありましたが、予約要望は増えましたが、ドタキャンが多いため後々に事前決済システムを導入されました。

15%は高い気がします

業種やジャンルにもよると思いますが、15%の内訳は5%がクレジット等の決済手数料や御社へのお振込みに対する事務手数料となり、弊社の利益は約10%になります。 商品物販の場合、卸率を考えてもご負担にならない掛け率になるかと思います。飲食店の場合は、お店により原価率が高い料理や全体的に薄利での運営も多いため、高くとらえられるケースもあるかと思います。しかし、事前決済を行わないとドタキャン等が発生するケース多くあるので、ドタキャンになった場合、商品の無駄及び従来取れるはずの1席分の売上もなくなってしまう事になってしまい逆に負担がかかってしまいます。 飲食メニューの場合の方法としては、外国人向け専用メニューにアレンジするケースやサービス料として5~15%プラスして価格を設定されるケースもございます。 日本人に対しては今まで通りで良かったことを、メニュー1つにしても外国用メニューを作ったり、外国人が喜ぶ日本らしい盛付にしたりなど工夫や努力を付け加え、メニューやコースのアレンジ、対応のための準備などを考慮して価格設定やサービス料設定を行い、御社も弊社もお客様も皆が納得できる形を作る方法を一緒にお考えいたします。

事前決済システムを入れる事により、かえって予約しない人が多いのでは?

日本ではほとんど事前予約という概念がほとんど無いかと思います。しかし、事前決済を行わずに予約をされてもドタキャンが多く、困っている店舗も多いのが現状です。ドタキャンは、その日の材料費損失だけに終わらず、他の予約者を入れておけば成り立ったであろう売上までが損失となってしまいます。物販にしても、商品の在庫確保や仕入れに対しても同等の事が言えます。 「絶対にこの店に行きたい!この商品が欲しい」という人にとって予約に対する事前決済はハードルにならないというのが我々の考えです。我々は、あなたの店舗に行くか行かないかわからない人の対応を行ってドタキャンという迷惑をかけたくもなく、店舗側を守る形で対応したいと考えます。 予約の必要性となぜ事前決済が必要のか? 新鮮な食材を確保するため、在庫を確保するため、予約が多い中確実に席を確保するため、要望に応えてあげるため、特に言葉の通じない外国人のお客様にも満足してもらえる対応を整えるためといったプラスの理由を明確に提示すれば、納得してくれる方も多いかと思います。

外国企業との取引についてのやり取りはどうなりますか?

弊社はあくまでも、お問合せ等に対する内容を和訳し御社へ回答を促し、その回答を翻訳して返信を行いますので、取引の内容についてコンサルティングを行うものではありません。しかし、商談を成立させるためにアイディアや意見が欲しい場合は、取引内容や条件を定めさせて頂き、対応も可能です。それは内容により異なります。専門的な知識が必要な場合は、専門家を入れて対応する流れにもなり、その翻訳が専門用語を要する場合は、そのジャンルに長けた翻訳パートナーに参加してもらう必要もでてきます。お問合せ内容によりご相談しながら進めさせて頂いております。

外国人向けに商品販売・海外発送を行いたいです。

外国人への商品販売は可能です。ホームページ内にECショップを構築することが可能です。弊社の作るECショップは、海外への送料計算に必要な重量計算を自動で計算し、その地域に合った送料を割り出して決済が可能です。発送にはEMSを利用します。 また、海外発送だけではなく、外国人観光客が日本へ滞在中に商品を日本国内でお渡しできる手法も取り入れる事が可能です。 「店舗受取」により、注文日の翌日以降に外国人観光客が店舗受取出来る手法。 「宿泊先ホテルへの配送」により、チェックアウト前日までに宿泊先へ配送するルールで商品配送する手法。 「空港への配送」により、帰国便や時間を確認し、帰国日の前日までに出国空港に配送するルールで商品配送する手法。(ヤマト便による) また、上記手法により、国内に住む日本語ができない外国人への対応も可能になるかと思います。 注文が入った際、弊社より注文内容を御社へ連絡し御社はその住所への段取りと配送を行って頂くだけとなります。インボイスなどのご準備もこちらで行います。発送は御社にて行って頂く形です。

印刷物の多言語化・リサーチ業務

印刷部の多言語化

■翻訳からデザイン制作まで対応

翻訳からデザイン制作までを行えます。翻訳のみでデザインは別となると、本当に伝えたい内容をデザインに起こすことができないため、効果のない媒体に仕上がってしまいます。翻訳内容を理解した印刷媒体の制作が可能です。また、その国の特性に合わせた表現の仕方にて制作いたします。また、翻訳業務に関してのみの対応も可能です。

■費用の目安

一般的な文章翻訳 15円~/1文字・ページ単価による計算(基本)
専門用語の翻訳 20円~/1文字・ページ単価による計算(基本)
デザイン制作 A4サイズ2万円〜/1言語
海外サイトリサーチ 5000円~/1H レポート制作費

※その都度のお見積もりをご提出いたします

予算に応じての対応は可能ですか?

制作内容を確認させて頂き、予算にて対応できるかどうかご回答致しますので、お気軽にお申し付けください。許容範囲を行い程度であれば、極力ご期待にお答えできるようにご対応させて頂きます。
 

海外進出・外国人雇用サポート

外国人雇用・海外進出

■海外進出サポート

インバウンド対応(外国人観光客対応)だけでなく、アウトバンド対応(海外進出)に対しての相談や具体的なサポートを行えます。
我々の考え方は、日本である程度の準備・基礎を構築してから海外進出へ望みたいと考えます。

■外国人雇用・ビザに関する相談

マイコンシェルジュは、外国人ビザに対する相談や手続きを専門とする行政書士がおります。外国人アルバイトや正社員についてご相談がある場合はお気軽にご連絡をください。 外国人に対する雇用は、その外国人が現在どのようなビザで日本に滞在しているか?どのようなビザであればどのような仕事を行わせることができるか等ケースにより様々であり、それを間違えて雇用した場合、外国人は強制送還などの処置がとられる場合は勿論、雇用した企業や店舗などにも責任が課されるケースがあります。


今後、日本に外国人観光客がより一層増え、外国人雇用の需要も高まりますが、その際のルールを把握して外国人の雇用を行う事が企業や店舗の責任となります。まずはメールにて内容を頂き、改めてご連絡をさせて頂きます。その際に、大まかな費用などのご連絡もさせて頂きます。

■海外進出におけるサンプルケース

ハワイにある人気パンケーキショップがありました。
  • A 地元の人から愛されて地元では有名な店舗、それが日本へ進出してきました。
  • B 日本人観光客がその店舗に足蹴に通うようになり、日本人の口コミも多く、それが日本へ進出してきました。

あなたは、AとBのどちらの店舗の方が日本で流行ると思いますか?どちらも人気店であることは変わりないですが、すでに日本人に認知されている店舗が日本に出店するのであれば、自然と実績と安心がついた状態で出店することができ、集客が見込めます。ということは、まずは日本で外国人に少しでも認知してもらう、口コミで良い店舗だという評判をつけることがアウトバンド対策(海外進出)にとって最善の策略だと考えます。この「外国人に人気であるお店」という認識を作ることができれば、現地の人に合う商品開発やマーケティングやPR戦略等がより一層判断しやすく、優位な海外進出ができるかと考えます。


インバウンド対策が後のアウトバンド対策につながると考えていただければと思います。まずはそれを見越した日本での戦略を考え、アウトバンドにおける必要な海外でのパートナーや情報収集を行っていくサポートを行っていきます。