Services

海外ビジネスをもっと身近に。

多言語のオフィシャルサイト作成

多言語オフィシャルサイトの制作(英語・中文(繁体/簡体)・韓国語)※既存の日本語ページとは別にドメインを取得して構築。

言語対応サービス

制作した多言語オフィシャルサイトから流入する外国人からのお問合せや予約を全て、我々マイコンの外国人メンバーがお店の立場で各言語対応。

事前決済システム

ノーショー(ドタキャン)を100%防ぐために、コース料金の事前決済システムを導入(追加費用は現地にて徴収して頂きます)

集客支援

我々はコンシェルジュとして、予約が確定した外国人のお客様へ、「他にもこのようなお店がありますがいかがでしょうか?」とお勧めして、あなたのレストランを提案。

    

YouTubeテロップ翻訳

■そのYouTube動画、海外へアプローチしませんか?

時に音の出せない環境で視聴される場合でもテロップがあれば内容が分かります。日本語だけでは、日本人マーケットにしか伝えられませんが、多言語のテロップさえあれば、外国人が見ても理解できるので、世界に広がるチャンスを作れます。
マイコンシェルジュには、各言語のネイティブスピーカーである事はもちろん、日本語のみでもコミュニケーションが取れる人材のみが集まっています。
あなたの動画の内容やセリフを、一番伝わる言語翻訳で動画のテロップとして挿入いたします。

YouTubeテロップ翻訳特設ページ

YouTubeテロップ翻訳

多言語オフィシャルサイトの作成

3カ国語ホームページ作成
既に制作してある日本語ページはそのまま

弊社は外国語サイトのみを別途ドメインを取得して制作し、お持ちの既存日本語ページと制作した多言語サイトを相互リンクさせます。

ページ追加可能

テンプレート以外のページを作りたい場合も調整が可能です。お気軽にお問い合わせください。

オリジナルレイアウト可能

弊社のデザインテンプレートを使用せずにオリジナルレイアウトにてホームページをご希望の方は別途お見積となります。

3ヶ国以上の言語に対応

3ヶ国以上の言語に対応したい場合は、別途お見積が必要です。(フランス語、ミャンマー語、ポーランド語にも対応)

4ヶ国語分のページ制作がなぜここまで低コストなのか?

ホームページ自体をこの価格で作るという自体、破格です。多言語化となると翻訳費用も含めこの価格で制作できるのは類を見ないと思います。しかし多言語化して外国人対応したくても導入コストが高すぎて断念する人が多いかと思います。外国人対応をチャレンジしたいが不安もある。そこに大きなコストもかかるとなるとチャレンジしにくいと思います。しかし我々はその気持ちをもって現状打破をしたい方を応援したく、スタートする一歩を作りたいと思っております。

なぜ、自社サイトに外国語対応が必要なのか?

世界にはトリップアドバイザーのような世界規模で有名なソーシャルサイトが存在し、その口コミや基本情報をみて店舗などの発見をします。ただ、そのサイトでの情報量には限界があるため、ほとんどの場合、そのソーシャルサイト経由でオフィシャルサイトを見に来る人が多数います。その際に、日本語しかなければ読めないので、せっかく見に来てくれても内容が理解できず予約やお問合せ、来店をあきらめてしまう外国人はとても多いです。ですので、自社サイトの多言語化は必須になってきます。

SNSや国内で多言語対応しているポータルサイトに掲載するだけで十分なのでは?

日本でも多言語対応した様々なポータルタイトが作られています。しかし、貴方が海外へ行く際に、その地域・国に限定したポータルサイトのみをフル活用してお店を選ぶでしょうか? トリップアドバイザーなどの世界的に使用されているサイトやアプリであれば標準的に使用されますが、各国ごとのサービスサイトやアプリをスマホにインストールしてお店を検索する人はまだまだ少ないように思えます。 ですが、今後こういった多言語化された国内発サイトやアプリを使用する外国人も増えてくるとは思うので、掲載していくことは重要にはなってきます。しかし、オフィシャルサイトの方がユーザーからすると一番の信用ページになりますので、オフィシャルサイトの多言語化は必要であると考えます。

Google翻訳などの自動翻訳サービスを利用してページを作ればよいのでは?

例えば自動翻訳サービスで外国語を日本語に翻訳してみてください。100%の文法やニュアンスで翻訳されていますでしょうか?文保間違いの意味不明な翻訳になるケースが多いと思います。何となくの意味は伝わるかもしれませんが、ホームページ内の文章が文法もニュアンスが整っていないと、せっかく翻訳して頑張っても返って不信感を抱かれてしまいます。自動翻訳の制度も上がってきていますが、まだまだフル活用できるレベルではなく、「おいしい」1つをとっても「Yummy, Delicious, Excellent」など様々な言い回しがあります。 やはり伝えるためには、内容を理解した人がネイティブ翻訳する事が一番の信用になります。各国でも言い回しや表現の仕方が違うので人の手での翻訳は必須になると思います。

なぜ日本語ページはつくらないの?

製作段階では日本語にて構築して翻訳をして、完成した際に日本語を消去して、お持ちである日本語オフィシャルサイトへリンクを行います。弊社制作ページに日本語ページを作ると、日本語ページが2つになってしまい、日本の観覧者にはややこしく映るかと思われるためです。また、日本語をメインとして多言語がサブとなると、多言語におけるSEO対策に悪影響がでます。あくまでも多言語をメインとして構築し、SEOも多言語を優先させる必要があるからです。
         
コンタクト代行
      

■外国人からの予約・お問合せの対応

制作した多言語サイトへの外国人からのお問合せ・ご予約メールは、マイコンシェルジュが受信し、確認・翻訳・通訳してお知らせします。
  • ① 外国人からの予約/お問合せ対応が可能になります。
  • ② 詳細は全て日本語で確認できますので安心できます。
  • ③ 外国語で対応できるので、世界へ向けてPRする事も可能になります。

制作するだけでなく、対応までしっかりとできるという事が、外国人への口コミや信用の拡大につながります。「レストランに行きたいけど、自分で予約ができない。ホテルのコンシェルジュを使うか、日本に住んでいる友達や日本語が喋れる友達に頼むしか方法がなかった」という外国人が「このレストランは自分で予約ができる!」という事がわかれば、予約数も増えます。また各言語を対応するチームがレストランに設置されたことによりお店も安心できます。現地で相手の言葉で対応できないもどかしさはあるかもしれませんが、相手の目的を事前に対応できる形にしておけば、要望と目的に応えてあげることがクリアできるので、外国人対応における大きな一歩を踏み出せます。

■WEB上の外国人窓口を設置できると考えてください

特に飲食店はビザの問題で、外国人を正社員にする事が難しく、アルバイト人材で外国人対応を行うケースが多いかと思います。外国人対応に対してコストメリットを考える必要があります。

アルバイト人材はせっかく成長してくれても、他へ就職したり母国へ戻ったりするため、その場を対応することは可能かもしれませんが、長く一緒に働くことがとても困難です。せっかく雇った外国人の人材は、日本人への対応も必須になり、教育なども大変です。その雇った外国人に現場も任して、WEB、電話の外国語対応も任せるとなると、それは大きな負担にもつながります。ですので、マイコンシェルジュの月額3万円でWEB対応を行うメリットはWEBサイトの更新や保守も含んでいるため、コスト的にも非常に有効であると考えられるのです。

サービスを取り入れても外国語ができるスタッフがおらず、いざ外国人が来た時に対応が不安です。

確かに不安だと思いますが、それは相手にとっても同じことです。相手も日本語が喋れないためコミュニケーションに対しての若干の不安があると思います。しかし、お店に来るお客さんは弊社が予約や決済、お問合せなどが既に完了している方であるため、一から対応するわけでは無い状態になっています。大切なポイントを既にクリアしている状態ですので、日本語しかできなくても堂々とふるまってみてください。お互いに何と分かり合おうとすればコミュニケーションは少しでもできるかと思います。仮に外国人のお客様が増えてくれば現場のスタッフに外国人を雇うなど希望が広がってきます。

3万円は高いのか?安いのか?

外国人対応のために、外国人スタッフを1人雇うとした場合、アルバイトでも15~20万円は必要になるかと思います。その方が、3ヶ国語が喋れて営業時間内に接客やメール・電話のチェック対応、ホームページの更新や海外マーケティングなど全てできるのであればそのほうが良いのかもしれませんが、1人では現場もやりながらではとても無理だと思います。それを2,3人となるとコストもかかります。そう考えた場合、3ヶ国語対応+ホームページを使った海外アプローチが月額3万円でできるという事は、たとえ事業のスタートとして捉えても、とても安価であると考えます。

お問合せが1件もない場合でも月額費用は必要ですか?

必要になります。この費用内には、ドメイン、SSL(情報暗号化)、サーバー、ホームページの記事更新をはじめ、「どうすれば外国人に見てもらえるページになるか?」を日々企画してマーケティング、口コミ増加方法、海外サイトへのアプローチや登録、アクセス解析と随時ページの見直し等を行う費用が含まれています。またそれを英語、韓国語、中国語圏にて行うので、これだけの内容を専門的な会社に頼んでもかなり割安な費用であると思います。

どれくらいで結果がでますか?

業種やジャンルにより異なります。日本も一緒ですが、ただホームページを作っても見てもらえない・売り上げも立ちません。PRしたり広告したりすることがより早く結果につながります。日本はネットで検索すれば様々な情報やサービス、ヒントが日本語で沢山出てきますが、右も左もわからない海外へのアプローチは、多言語で検索する必要や情報収集するしか方法がないので日本よりも時間がかかるかと思います。 多言語ホームページを公開して1ヶ月後にアクセス情報を確認し、海外からのアクセスがあるかどうかなどをチェックします。2,3か月の間に改善と基盤を構築していきます。現状では、企画を実行して3、4ヶ月目くらいからお問合せや予約が入り始める傾向にあります。 ただ1つ言えるのは、日本のホームページの多言語化が圧倒的に少ないので、今作っておいた方がチャンスになることは間違いありません。

事前決済システム【ノーショー(ドタキャン)防止】

事前決済・海外販売

■ノーショー(ドタキャン)防止に対応できる事前決済

事前決済でコースを先に支払うという概念は今までにありませんでした。しかし、この方法をとらないとせっかく予約を受けても損をしてしまいます。予約のために用意した食材の無駄、その日の売上が立たない事は勿論、この予約のために他の予約を断った経緯もあるかと思います。「事前決済を取り入れたら予約が減るのでは?」と考えてしまうかもしれませんが、そのような事例はこれまでにありません。むしろ「事前決済をしてでも食べに行きたい」と思ってくれる外国人が来てくれます。その方たちはとてもマナーが良い方が多いのも事実です。キャンセルポリシーをしっかりと提示し、外国人の方も納得できる事前決済を行えば何も問題ありません。

■キャンセルポリシーをしっかりと伝える

マイコンシェルジュのキャンセルポリシーは、「予約日の3日前であれば全額返金でのキャンセル対応を行い、2日前、前日、当日のキャンセルは返金不可でのキャンセル」としております。これを外国人の方へ納得して頂き事前決済を促します。ただし、台風などの影響によるキャンセルはお店との相談を前提に、前日でも返金キャンセルを行う対応も行っております。

◎手数料について

事前決済を行うという事は、マイコンシェルジュがクレジットカード等の手数料を負担することになります。ですので、支払金額からこれらの費用と運営のために必要な手数料を頂戴しております。

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

◎お支払いについて

10日間毎の締め10日後払い(月3回)を基準にしております。15日間締め15日後払い、月末締め翌月10日払いにも対応しております。支払い明細を毎回作成し、ご入金させて頂きます。
※Paypalアカウントをお持ちのお客様へのご入金はペイアウト機能をご相談頂けます。

◎ノーショー(ドタキャン)発生の場合

予約日より3日以内のキャンセルは外国人へ返金しませんので、お店にお支払いいたします。

◎追加の費用は現地での回収

事前決済は指定商品やコースのみで行います。レストランの場合、当日注文されたドリンクや追加料理は現地でお支払い頂きますので、我々は追加費用について関与いたしません。

手数料はどれくらいかかりますか?

お店によってクレジットカード手数料は種類によって変わるかと思います。平均を3.2%と見た場合、我々は3.2%を確保しないと赤字になり運営ができなくなります。また3.2%だけを賄っても運営ができません。ですので、我々はクレジットカード手数料を含め、運営できる適正な手数料を15%と基準しております。ただし、お店側がすべての手数料を負担しなくてはならない訳ではありません。事前決済時の請求時に外国人の方へ対してサービス料をつけて請求することも可能です。外国人の方にとっても言語対応してもらい安心して予約が出来るという事に対するサービス料という項目は納得できるモノなのです。

事前決済システムを入れる事により、かえって予約しない人が多いのでは?

日本ではほとんど事前予約という概念がほとんど無いかと思います。しかし、事前決済を行わずに予約をされてもドタキャンが多く、困っている店舗も多いのが現状です。ドタキャンは、その日の材料費損失だけに終わらず、他の予約者を入れておけば成り立ったであろう売上までが損失となってしまいます。物販にしても、商品の在庫確保や仕入れに対しても同等の事が言えます。 「絶対にこの店に行きたい!この商品が欲しい」という人にとって予約に対する事前決済はハードルにならないというのが我々の考えです。我々は、あなたの店舗に行くか行かないか、わからない人の対応を行ってドタキャンという迷惑をかけたくもなく、店舗側を守る形で対応したいと考えます。 予約の必要性となぜ事前決済が必要のか? 新鮮な食材を確保するため、在庫を確保するため、予約が多い中確実に席を確保するため、要望に応えてあげるため、特に言葉の通じない外国人のお客様にも満足してもらえる対応を整えるためといったプラスの理由を明確に提示すれば、納得してくれる方も多いかと思います。

印刷物の多言語化・制作・翻訳業務

印刷部の多言語化

■翻訳からデザイン制作まで対応

翻訳からデザイン制作までを行えます。翻訳のみでデザインは別となると、本当に伝えたい内容をデザインに起こすことができないため、効果のない媒体に仕上がってしまいます。翻訳内容を理解した印刷媒体の制作が可能です。また、その国の特性に合わせた表現の仕方にて制作いたします。また、翻訳業務に関してのみの対応もご相談可能です。

■費用の目安

一般的な文章翻訳 15円~/1文字・ページ単価による計算(基本)
専門用語の翻訳 20円~/1文字・ページ単価による計算(基本)
デザイン制作 A4サイズ2万円〜/1言語
海外サイトリサーチ 5000円~/1H レポート制作費

※その都度のお見積もりをご提出いたします

予算に応じての対応は可能ですか?

制作内容を確認させて頂き、予算にて対応できるかどうかご回答致しますので、お気軽にお申し付けください。許容範囲を行い程度であれば、極力ご期待にお答えできるようにご対応させて頂きます。
 

海外進出・外国人雇用サポート

外国人雇用・海外進出

■海外進出サポート

インバウンド対応(外国人観光客対応)だけでなく、アウトバンド対応(海外進出)に対しての相談や具体的なサポートを行えます。
我々の考え方は、日本である程度の準備・基礎を構築してから海外進出へ望みたいと考えます。

■外国人雇用・ビザに関する相談

マイコンシェルジュは、外国人ビザに対する相談や手続きを専門とする行政書士がおります。外国人アルバイトや正社員についてご相談がある場合はお気軽にご連絡をください。 外国人に対する雇用は、その外国人が現在どのようなビザで日本に滞在しているか?どのようなビザであればどのような仕事を行わせることができるか等ケースにより様々であり、それを間違えて雇用した場合、外国人は強制送還などの処置がとられる場合は勿論、雇用した企業や店舗などにも責任が課されるケースがあります。


今後、日本に外国人観光客がより一層増え、外国人雇用の需要も高まりますが、その際のルールを把握して外国人の雇用を行う事が企業や店舗の責任となります。まずはメールにて内容を頂き、改めてご連絡をさせて頂きます。その際に、大まかな費用などのご連絡もさせて頂きます。